FC2ブログ

私の人生に起こった最良のこと ~がんが治る暮らし~

大腸がんステージⅣ 元気に治療中! がんが治るハッピーな生活を提唱します🎵
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年02月
ARCHIVE ≫ 2013年02月
      

≪ 前月 |  2013年02月  | 翌月 ≫

今日は!

待ちに待ったバレンタインですね

皆さんハッピーな一日だと良いなと思います



でも、バレンタインはちょっと置いといて

今日は私の父の誕生日なので父のことを書きます



父は、母と私をとても愛してくれて

毎日同じ時間に寄り道もせず帰って来て

休みの日は共働きで忙しい母の手伝いで掃除や洗濯をし

自分のお小遣いからたまにお土産を買ってきてくれたりする

とーーーーーっても真面目な人です

厳しい人で、子供の頃悪いことをしてはよくビンタとかされてました

なので、思春期はセオリー通り父親が嫌いになり、しばらく口を利かない時期もありました。



私は最初の結婚で関西に行き遠く離れたのと

まぁ私も少し大人になったので、それからまた少し仲良くなりました。

でも物理的に離れていたので会うのは年に1~2回。

大した親孝行も出来ずにいました。



関西に行ってから7年半、私は離婚して、そしてすぐにがんが発覚

すごくすごーく両親を悲しませてしまったと思います。

私が若くしてがんになったのは自分たちのせいではないかと、悩んだんだと思います。

(遺伝子検査をして、遺伝的にがんになったのではないと分かったので良かったですが!)



今の旦那さんと出逢って、こんな私の人生を一緒に背負ってくれて

更に関東の両親の元に連れて帰ってくれて

両親から見ても彼はたぶんエンジェルなんだと思います(笑)



父は相変わらず真面目で厳しい人です。

もうとっくに定年退職して家にいますが、家の中で母の為にまめに働いています。

地元に戻ってきた病気の娘(私)の為に運転手をしたり買い物の荷物持ちをしたり

今まで一緒に過ごせなかった時を埋めるように私の世話を焼いてくれます。

私の運転手をいつまでもする為に自分が元気でなければ!と体操教室にも通い始めました。



私ががんになった事は悲しい事実ですが、

がんになったお陰で父と(母ともですが)いっぱい一緒に過ごす時間が増えました。

私も素直に「ありがとう」と少しは言えるようになった気がします

だからやっぱりがんになった事は悪い事ばかりではなかったんです。

時は悠久ではありません。

だから、大切な人には素直に優しくして大好きって伝えたい



今日は大好きな父の誕生日

パパ、お誕生日おめでとう! いつもありがとう

いつまでも元気でいられるよう一緒に頑張ろうねっ





スポンサーサイト